鈑金と整備・塗装それぞれの関係性

CONTENTS

鈑金と整備・塗装それぞれの関係性

鈑金・整備・塗装は、安心で快適なカーライフを支えるために欠かせない大切なサービスです。
こちらでは、鈑金と塗装の関係、鈑金と整備の違いについてご紹介致します。

鈑金とは?

「鈑金」は、交通事故などで車体にキズへこみが生じた車を修繕するために行う作業で、鈑金は基本的に手作業で行われます。ハンマーとドリー(当て盤)を使って内側から叩いてヘコミを直し、パテと呼ばれる粘土のようなものや溶接機、盛り半田などで微調整し仕上げます。

鈑金と塗装の関係性

鈑金と塗装の関係性

「鈑金」よりも「鈑金塗装」の方がよく聞くという方も多くいるでしょう。鈑金作業を行う際に、車両にキズがつくのと同時に塗装も剥がれてしまったり、鈑金の前に塗装を剥がす作業が発生したりすることがあります。そのため、鈑金作業と合わせて塗装も行われることが多く、鈑金塗装と呼ぶのが一般的になっています。

鈑金作業の一環として行われる塗装は「補修塗装」というもので、新車に施される塗装とは使われる塗料や手法が異なります。

鈑金と整備の違いって?

鈑金と整備の違いって?

事故車や経年劣化などが原因で、アクセルやブレーキ、ハンドルが反応しないなどの「車の性能面」に問題が生じた場合、正常な性能を取り戻すため必要とされるのが整備です。また、ボディーのへこみなどの「車の構造面」に問題が生じた場合、形状を復元するために必要とされるのが鈑金です。

このように、「車を修理する」という点では共通していますが、整備工場と鈑金塗装工場では対応する内容が全く異なります。車検に対応しているのが鈑金工場ではなく整備工場であるのも、整備工場が性能面の修理を行う業種であることが理由です。

郡山市周辺にお住まいで鈑金塗装を必要とされている方は、アクアをご利用ください。プロの鈑金技術で、元の状態まで復元できるよう全力を尽くします。また、点検や車検の代行業務も承っておりますので、お車の性能面で不安のある方や鈑金塗装の修理方法・料金が知りたいという方はぜひ見積りをご依頼ください。

  • 次のチラシを見る >
  • < 前のチラシを見る
  • 閉じる