愛車の鈑金塗装を長持ちさせるためにできること

CONTENTS

愛車の鈑金塗装を長持ちさせるためにできること

鈑金塗装した車を長持ちさせることは、車の外装を維持することはもちろん、車の寿命を高めることにも繋がります。鈑金塗装したパーツにダメージとなる要素は身近にあり、普段の心がけで劣化を大きく軽減させることができます。

日差しから置き方を考える

日差しから置き方を考える

車は管理する場所や駐車の仕方に気を使うことで塗装のダメージを軽減させることができます。自宅の駐車場や会社の駐車スペースに駐車する時、いつも同じ位置や向きで駐車している方もいらっしゃると思いますが、毎日同じ向きに駐車すると部分的に集中して日が当たり続けます。

日に当たり続けた場所とそうでない場所では傷み方に大きな差が生じてしまいます。塗装の傷みを抑えるなら日差しの直接当たらない場所に駐車するのがベストですが、日が当たってしまう場合は定期的に向きを変えて駐車しましょう。

鳥の糞・虫の死骸

鳥の糞や虫の死骸には強い酸が含まれており、車に付着することで塗装の剥げや腐食の原因になります。そのため、車に付着しているのを発見したらすぐに取り除くことが大切です。鳥の糞や虫の死骸を取り除く際は、水で洗い流すか、濡らした布で優しく拭き取ります。乾いた布はボディが傷つく恐れがあるので避けましょう。

枯葉や浮遊物の巻き込み・堆積

枯葉や浮遊物の巻き込み・堆積

枯葉の堆積、巻き込みは塗装面へのダメージに繋がるということをご存知でしたか?

エアコンの外気取り入れ口に巻き込んだ枯葉は、エアコンが動いている際に細かく粉砕されます。粉々になった枯葉が水抜き箇所に詰まってしまうと、水抜きが十分にできなくなり水濡れを起こし、塗装面が傷む可能性があるのです。

また、枯葉の他にも黄砂や花粉などの小さな浮遊物も塗装面にダメージを与えることがあります。黄砂や花粉は屋根部分に堆積したり吹き付けたりするなどして塗装面の傷みを悪化させます。塗装のダメージを抑えるためには花粉の季節や黄砂の多い日には堆積しないようにこまめに洗車しましょう。

キズへこみが生じたら鈑金塗装を行い、綺麗に維持していくことが大切です。郡山市で鈑金塗装を依頼するなら、アクアをご利用ください。小さなキズやへこみから事故車の鈑金塗装まで対応致します。詳しい料金やサービス内容に関することは見積り時にお気軽にご相談ください。

  • 次のチラシを見る >
  • < 前のチラシを見る
  • 閉じる